健康長生きの住まいづくり

笑いのたえない家が健康長生きの家

カテゴリー/ 健康長生きの住まいづくり |投稿者/ あおぞら和み
2016年03月18日

 あおぞら和みでは自然素材で笑顔のあふれる住まいをめざします

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAhouse_reform

 
 
 
日常生活でほとんど笑わない高齢者は、ほぼ毎日笑う高齢者に比べ、
脳卒中の経験がある割合が1・6倍、心臓病の割合が1・2倍高いとの調査を
東京大などの研究チームが発表しました。
 
研究チームは、65歳以上の男女に毎日の笑いの頻度、持病などを調査。
回答のあった2万934人を対象に、笑いと脳卒中などの関係を分析しました。
 

その結果、高血圧などの影響を除いても、ほとんど笑わない女性は毎日笑う女性に比べ、

過去に脳卒中になったり闘病中だったりする人の割合が1・95倍、

心臓病になっている人が1・41倍高かった。

男性では脳卒中が1・47倍、心臓病が1・11倍だった。

 

上記は先日の新聞記事ですが調査にあたった東京大学の近藤尚己准教授は

「笑いは動脈硬化やストレスを軽減するため、良く笑う人ほど脳卒中や心疾患に

なりにくい可能性がある」と話されています。

 

良く笑える住まいってどんな住まいなのか?

まず住まいが健康で快適であるというのが大前提だと思います。

そのためには出来る限り、からだに良くないものは排除して

自然素材で健康によいものを出来る限り取り入れていく

ということだと考えています。

 

自然を取り入れた住まい「呼吸する部屋」を提案します。

カテゴリー/ 健康長生きの住まいづくり |投稿者/ あおぞら和み
2016年01月20日

あおぞら和みでは珪藻土をはじめとした自然素材を

ふんだんに活用した住まいをご提案します。

  

 

 

これからの家づくりには環境問題を共に考えることが

大切であると考えます。

製造から廃棄にいたるまでエネルギーの消費が少ない家づくりには

自然素材の活用が欠かせません。
 
壁、天井仕上に用いる珪藻土は自然素材であり、

住環境にも地球環境にも配慮した優れた壁材です。

未来に生きる子供たちに健やかな環境を守り、

伝えていくために私たちには果たすべき責任があります。

家族が健康に安心して暮らせる住まいづくりを

お手伝いさせていただきます。

 

 

ホーム事業内容会社概要社長挨拶お問合せ

株式会社あおぞら和み
〒939-2741 富山県富山市婦中町中名2019-14
TEL:076-461-7775

Copyright © 2018 aozoranagomi,all Rights Reserved.
Top