建築にかかるコストについて

建築にかかるコストについて

建築にかかる費用は大きく分けて本体工事費用、付帯工事費用、諸費用があります。

住宅設計で予算オーバーになってしまわないように、建築にかかるコストを理解して十分な資金を用意しましょう。

本体工事費用

本体費用は建物そのものに関わる費用で、総費用のおよそ75%~80%を占めています。おおまかな内訳としては、住宅構造の全体を支える基礎工事、素材の加工や組み立て工事、空調や上下水道などの設備工事、照明配線などの電気工事があてはまります。

庭や駐車場など建物以外の部分は本体工事費用に含まれません。一般的な不動産広告で目にする新築住宅の価格や坪単価は、この本体工事費のことを示していることがほとんどです。

付帯工事費用

付帯工事費用は建物以外の工事に関する費用で、総費用のおよそ15~20%を占めています。ガスや水道などの敷設工事、エアコンや照明器具の購入、駐車場や庭など外構工事が付帯工事費用に含まれます。付帯工事費用は、住宅を建てる土地の状態によって金額が変わりやすいことが特徴です。

例えば、高低差のある土地や道路から離れている土地の場合、ガスや水道の引き込み費用が高くなる傾向にあるので、それによってコストがかかってしまいます。反対に、整備されている環境であれば付帯工事費用が相場より低くなることもあります。

諸費用

諸費用

諸経費は新しい住宅を建築する前後に支払う必要がある費用です。基本的に現金払いとなる費用が多く、各種税金や住宅ローンの手続き料、住宅に関する保険料、家具家電などの購入費などが含まれます。

諸費用は総費用のおよそ5~7%が相場だと言われていますが、住宅を建てるにあたって多少の予算変動を考えると、総費用の10%を目安として準備しておくことをおすすめします。

住宅を建設する環境によっては、これらの費用以外に地盤調査を目的とした測量費や地盤調査費などが必要となる場合があります。そのため、建築費用は余裕を持って多めに予算を組むことがおすすめです。地盤調査を行う場合は調査方法によって費用が異なりますので、依頼する建築会社に事前に確認しましょう。

住宅設計をお考えなら、富山市にあるあおぞら和みへお任せください。お客様のご希望をもとに住宅設計をご提案するとともに、古民家などの古い建物を新しく建て替えるリフォームなどを手掛けています。また、漆喰を利用した健康住宅のご提案も行っています。長寿まで安心して暮らせる家づくりを考えるなら、最小限のコストで最大限の効果の発揮を目指すあおぞら和みをご利用ください。

富山市で住宅設計のことなら【株式会社あおぞら和み】概要

会社名 株式会社あおぞら和み
所在地 〒939-2741 富山県富山市婦中町中名2019-14
電話番号 076-461-7775
URL http://aozoranagomi.com/
説明 富山市で建て替えやリフォーム、増改築などの住宅設計なら【株式会社あおぞら和み】にご依頼ください。無垢材や漆喰などの自然素材を活かしたぬくもりある自然住宅、ハウスシックを考慮した安心の健康住宅をご提案いたします。新築はもちろん古民家のリフォーム・リノベーションなどもお任せください。

ホーム事業内容会社概要社長挨拶お問合せ

株式会社あおぞら和み
〒939-2741 富山県富山市婦中町中名2019-14
TEL:076-461-7775

Copyright © 2018 aozoranagomi,all Rights Reserved.
Top