2015年9月

住まいの健康診断は大切

カテゴリー/ 耐震補強について |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月30日

 

   中越地震3中越地震2

  財団法人消防科学総合センター災害写真データベースより出典しています

 

     住まいの健康診断

 

ある意味私たちの体と同じだと考えます。

私たち人間の体・・・。 当然のことながら酷使しすぎると

あちこちに障害が発生します。

 

 

jishin_yowaijishin_tsuyoi

 

 

 

家の場合も同じで雨風や台風、強風などでも程度次第では

相当なダメージを負ってしまうこととなります。

ですので人間の体と同じで日頃からの備えが将来への

安心感となるわけです。

 

人間に例えると大きな病気になったり、大怪我をする前に

そうならないように健康体を維持しておくということです。

 

 

中越地震

 

住まいに関して言えば築30年程度以上経過したお家は

建物の健康診断(耐震性チェックやシロアリ対策など)

をしてまず現状を知っていただき(災害が起きてからでは

遅いので)必要な場合は然るべき対策を講じていただいて

まずは安心していただきたいと思っています。

 

 

kenkoushindan_choushinki counselor

 

 

 

 

 

少子高齢化社会と中古住宅

カテゴリー/ 中古住宅を購入してリノベーション |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月29日

少子高齢化tatemono_jutakugai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少子高齢化社会と中古住宅

 

現在日本では5人に1人が65才以上で15年先には3人に1人が65才以上という

超高齢化社会を迎えると予測されています。

一方空き家率も増加を続けており、昨年の統計では820万戸と全国平均で13.5%

もの空き家が存在しているわけです。

 

国内の住宅供給量に関して日本では新築2軒に対して中古住宅は1軒であるのに対し

欧米先進国では新築1軒に対して中古住宅が2軒程度であり、イギリスにいたっては

9割が中古住宅で占めています。

 

わが国では従来、新築住宅を好む傾向が強かった訳ですが今後良質な中古住宅が増えて

くることから中古住宅の流通も増加してくるものと思われます。

人生の大半を重い住宅ローンの重荷を背負いながら生活に苦しんでいる方々が多いと

身近な話としてもよく耳にするところです。

 

時代の流れとして、自分にあった優良な中古住宅を見つけて、自分好みにリフォーム

する、あるいはリノベーションするというのが充実したスローライフを満喫する上で

賢明な選択ではないでしょうか?

私たちはそういったお手伝いを喜んでさせていただきたいと思っています。

 

 

 

社名の由来

カテゴリー/ あおぞら和みの想い |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月29日

 

     名の由来

 

「あおぞら和み」皆様はどのようなイメージをもたれたでしょうか?

おそらく住宅関連の業種のイメージはもたれなかったのではないかと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私達は住宅に関わる事業を単に建設業ととらえるのではなく

身近な毎日の食生活に付随した住生活をより楽しく快適に過ごせるよう

お客様とともに考え提案させていただくサービス業であるべきだと考えています。

そして安全、安心な住まいをお客様とともにひとつひとつ心をこめて

じっくりと丁寧に造り上げていき、ご満足を提供させていただきたい

と思っています。

 

あおぞらの名前はお客様との信頼関係を大切にしたいということと常にお客様に対して

誠実でありたいという思いから、爽やかな青空の青をイメージしています。

和みの意味合いは気持ちがやわらいで落ち着くこととあります。

住まいを考える上で気持ちがやわらいで落ち着くということはもっとも大切なことだと

私たちは考えています。

 

お住まいを検討される段階でも是非リラックスして落ち着いた雰囲気

の中でお住まいに対するご希望や夢などを伝えていただけるとより良い

住まいづくりの第一歩が踏み出せるのではないかと思っています。

 

派手なデザインや大きな吹き抜けや必要以上に広い部屋等々。

最初は良くてもあとになって構造的に弱いということがわかったり

寒かったりと必ずしもお客様の立場に立った

提案がなされているとは限りません。

見た目の豪華さやデザインよりも普段の生活においては

間取りの使いやすさや各居室の快適性などを

より重視すべきだと考えています。

 

私たちは真にお客様の立場に立って安全、安心な住まいをご提案させていただき

弊社に依頼して良かったと言っていただけますよう常に謙虚で感謝の気持ちをもって

より良い住まいをひとつひとつ丁寧に造り上げていきたいと考えています。

 

そしてお客様の喜びが私たちの喜びとなるよう誠心誠意対応させていただく

ことが使命だと考えております。

 

 

 

創業の想い

カテゴリー/ あおぞら和みの想い |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月28日

 

         創業の想い

 

20代から40代に至るまで長年、大手のハウスメーカーで営業をさせて

いただき、数多くのお客様に新築の住宅をご提供させていただきました。

在籍させていただいた会社に対してはいろいろと人生勉強もさせていただき

ましたので感謝しています。

 

大半のお客様にはご満足いただけたものと信じておりますが、大企業で

あるがゆえ安心感や信頼感など良い面はあると思いますが、反面お客様

にとって真にご満足いただける住まいになっているのかどうか疑問に思う

ことが多々ありました。

 

自由設計を売り物にしているが実際はいろいろと制約があったり、また

設備や内外装材についても標準的なものは結構チープな物を採用している

場合が多く、標準仕様のまま建ててしまうとかなり安っぽい住宅ができ

上がってしまうということがあり、お客様が失望なさるケースもありました。

 

g_09_02

 

 

 

企業側の都合で利益を確保するため設備、仕様を極限まで落としているので

モデルハウスと比較すると随分と見劣りした仕上がりとなってしまいます。

安い住宅ならある意味仕方無いのかもしれません。しかしながら実際のところ

一般的な住宅よりも高いお金を払われているわけです。

 

集客の為の豪華な展示場。実は一般的な住宅の倍近くのコストが掛かっています。

一等地に構えた立派な事務所やショールーム、湯水のごとく費用の発生する

イベントやチラシ、派手なテレビコマーシャル等々。

 

そして間接部門にも数多くの高給取りの社員。

これらにはおびただしい無駄な経費がかかっております。

そしてこれらはすべてお客様の住宅価格に反映されてまいります。

 

口先やスローガンなどでお客様満足をアピールすることは簡単です。

真にお客様の利益を考えるのであればこれらは殆どが無駄であり

徹底的に排除するべきだと考えました。

 

真にこころからお客様にご納得いただける

ご満足いただける住まいを提供して行こうと決意いたしました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

会社概要

カテゴリー/ 会社概要 |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月28日

                 AOZORA-logo

 

g_09_03

 

 

           会社概要    

                       

 

                       

        

 会社名  株式会社あおぞら和み
 所在地  富山県富山市婦中町中名2019-14
 代表者  代表取締役  谷 弘行
 資本金    8,000,000円
 取引銀行  北陸銀行  堀川支店
 決算日   毎年  8月末日
 E-mail  aozoranagomi@mo1.fitcall.net
   電話            076-461-7775
    FAX             076-461-7995
 
 

                                  事業内容

1.建築工事の設計、施工、請負、監理並びにコンサルティング
2.住宅の増改築工事及び修繕工事、外壁工事の請負及び施工
3.土木工事、造園工事、外構工事等の設計、施工管理、施工請負
4.英会話教室、カルチャー教室、リラクセーションサロン等の企画運営

5.不動産の売買、賃貸、仲介、所有、管理及び利用 

 

6.マンション、アパートの経営

 

7.インターネット・カタログ等による通信販売業務
8.古物売買業
9.飲食に関する事業
10.前各号に附帯する一切の事業  

 

 

宅地建物取引業免許
                          富山県知事許可 富山県知事(1)3056号

私たちのこだわり(和みのこころ)

カテゴリー/ 私たちのこだわり |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月28日

 

   私たちのこだわり

 

 私たちが常日頃、毎日食べるお米やパン、野菜、肉、魚介類、その他加工食品等々

無添加で無農薬の自然の素材にこだわる方々が年々増えてきております。

日々摂取する食べ物や食習慣や生活習慣によっても健康にもなれば病気にもなること

は今や常識となってきているとも感じられる昨今です。

しかしながら住まいの問題となると現状では食生活ほどの関心が浸透していないのも

事実です。住宅はコストが高いということも関係しているかもしれません。

例えば住まいの素材として桧などは腐りに強く殺菌効果や森林浴効果があり、精神面

での癒し効果もあり今後もっともっとこういった自然素材が見直され内装材等に採用されて

いくべきだとあおぞら和みでは考えています。

 

g_01_01

 

 

また内装の壁材として珪藻土壁材などは太古の地層から採取した自然の素材で

住まいに活用することにより大変すぐれた機能を発揮するということなど

はもっともっと浸透しても良いと考えています。

食品と同じで素材にこだわるとコスト的にも高くなるケースが多いですが

住まわれる方の健康面、快適性など長期的な視野で考えると

一時的に少々コストが高くついても自然の素材を使ったほうが良いと考えています。

コスト面を考え部分的な採用も良き選択かと思います。

リフォーム、リノベーションにおいては如何に古い建物を大切にして出来るだけ

壊さずに生かすべきものは生かすことを尊重したいと考えています。

 

そして出来る限り最小限のコストで最大限の効果を

発揮できるようなご提案をさせていただきたいと

思っています。

 

古い建物には古い建物なりの良さがあり新しい建築にも

また古い建物にはない良さがあります。

わたしたちは住まいづくりを手がけるうえで

和み(和える・混ぜる・調和する・融合する)のこころを

大切にして新たな価値を創造したいと考えています。

 

 

 

 

心の家づくり

カテゴリー/ あおぞら和みの想い |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月28日

 

        こころをこめた家づくり

 

私たち「あおぞら和み」が最も大切にしていて肝に命じたい諺があります。

「仏つくって魂入れず」という諺です。

例えていうなら、いくら見た目に立派な建物を建ててもそこに建築に関わる人々の

心がこもっていなければ、施主様、施工主、職方お互いに本当の意味での感謝や感動

は生まれないものと考えています。

 

私たちが考える理想の住まいとは私たちにお任せくださいと言って施工主主導で設計

するのではなく、あるいはお客様の要望をそのまま聞き入れて建ててしまうということ

でもなく、お客様の要望を最大限取り入れながら、さらにお客様が想定されていなかった

ような新たな価値が創造できるようなプロとしてのご提案が出来るよう日々精進して

いきたいと考えています。

 

お客様にとっての真に良い住まいとは何かということをそれぞれのお客様ごとに常に

真剣に考え、素直で謙虚な気持ちで探求していきたいと考えています。

 

nichiyoudaiku

 

 

 

 

いつもこころにあおぞらを。

カテゴリー/ あおぞら和みの想い |投稿者/ あおぞら和み
2015年09月27日

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ホーム事業内容会社概要社長挨拶お問合せ

株式会社あおぞら和み
〒939-2741 富山県富山市婦中町中名2019-14
TEL:076-461-7775

Copyright © 2018 aozoranagomi,all Rights Reserved.
Top